主婦が昼間にこっそりと稼げるバイト

主婦はお小遣いが欲しくても、家事や子育てがあってなかなか働けませんよね?お小遣い稼ぎが目的だったら、旦那に隠れてこそっりと働かないといけませんから、夜働くのは論外ですし。また、たとえ昼間にパートが見つかっても、時給が安いですよね? ローンなど支払いが多くてパートではとてもじゃないけど間に合わないけど、風俗みたいにエッチな仕事はしたくないという場合、お勧めのバイトがあります。 それは昼キャバクラです。昼キャバクラはお昼から夕方までやっているキャバクラです。キャバクラと聞くと、エッチなイメージがありますが、昼キャバクラの客層は夜と違い、経営者や退職者などの時間に余裕のある紳士的な人が多いので、夜と比べると分別のある客が多いです。 特に昼キャバクラの求人は都内に多いですので、都内で探してみては如何でしょうか?

昼キャバと夜キャバは何が違うの?

都内を中心、最近昼キャバが流行っています。 ところで、昼キャバと夜キャバ、あなたはどんな違いがあるかわかりますか?同じキャバクラなので、営業時間の違いぐらいしかないと思っているあなた、昼キャバと夜キャバの違いは営業時間だけではありません。もしあなたがキャバクラで働いてみたいと思っているのなら、昼キャバと夜キャバの違い理解してから求人を探しても遅くはありません。 ・営業時間が違う(昼キャバはお昼~夕方、夜キャバは夜) ・客層(昼キャバは定年退職者、ホスト、夜勤明けの人、夜キャバはサラリーマン) ・客が求めるもの(昼キャバはお酒よりも会話を楽しむのがメイン、夜キャバはお酒がメイン) ・服装(昼キャバはカジュアル、夜キャバはドレス) ・時給(夜キャバの方が昼キャバよりも時給が高い) 昼キャバと夜キャバは、営業時間の違いから、客層が違ってきます。昼キャバではお酒を飲むよりも会話を楽しむというのがメインの人が多いので、夜キャバよりも安心感があります。また、昼キャバはカジュアルな雰囲気ですので、服装もドレスを着る必要が無く、カジュアルな物で構いません。 しかし、時給は夜キャバの方が稼げます。 がっつりと稼ぎたいのであれば夜キャバ、夜は忙しくて働けなかったり、お客さんとカジュアルに会話を楽しみたいのであれば、昼キャバが良いでしょう。